メインイメージ

経営戦略の一つです

株式会社設立。税金対策も経営戦略の一つです

フレッシュマン、という言葉通り、新入社員というのは若々しく、エネルギーに満ちています。仕事上の多少の失敗も上司は広い心で許容し、細かいことは言わずに、まずは大きくはばたかせてやりたいものです。

しかし、彼らフレッシュマンも、入社して2年、3年となると、顔が少しずつ疲れてきます。会社への不満の蓄積や、自分自身がこの会社にいることへの疑念などが原因です。中には、退職を選ぶ者も出てきます。

そして一方で、同期とは大きく差をつけて出世していく人もいます。2年や3年しかたっていないのに、同期よりも2段階以上も職位が上の人については、確実に人事から目を付けられている人でしょう。将来のリーダー候補として、目を付けられているのです。

そうした人は、この先、大きな間違いをしなければ、出世街道を歩むことでしょう。役員になる可能性も秘めています。しかし、このような人たちには、もう一つの選択肢もあります。それが、独立起業です。

若いうちに会社の人事から目を付けられるほどの人は、独立起業しても成功する可能性が高いと言えます。会社の人事は、そのぐらいを見抜く目はあります。彼らの評価を受けたということ自体、誇りに思って良いでしょう。たった一度の人生です。自分で会社を設立してみても良いのではないでしょうか。

最近は規制緩和の影響で、株式会社設立もだいぶやり易くなりました。特に資本金の縛りがなくなったのは、大きいことです。以前は1000万円は準備しなければなりませんでした。

しかし、いかに株式会社設立が簡単になったとはいえ、それは設立に関する手続きが簡単になったというだけのことです。商売それ自体が簡単になったわけではありません。むしろ、かつてよりも商売は難しくなったでしょう。作れば売れる、という時代ではないのです。

そうした難しい時代に突入している以上、株式会社設立の際には、設立後にもしっかりとあなたの会社をサポートしてくれる専門家と、信頼関係を作っておくことが大切です。

株式会社設立の時には、通常は専門家に設立の手続きの代行を依頼します。専門家とは、税理士や司法書士、行政書士といった人たちです。彼らは、株式会社設立については、問題なく代行業務を行ってくれます。しかし、設立後に質の高いサポートをしてくれるかどうかは、業者によってずいぶん違います。たとえば、元会社員にとって、税金の熱い買いなどはまったく分かりません。税金対策も、経営戦略の一つです。

こうしたトータルでのサポートをしてくれる人と顧問契約を結びます。顧問契約を結ぶ予定の人に、株式会社設立の手続き代行を依頼するという順番で考えましょう。

Copyright© 2014会社設立の準備で必ずしておきたいことを知って失敗しない会社設立を All Rights Reserved.