メインイメージ

最近の投稿

事業計画書の要点

株式会社設立に伴う事業計画書の要点を考える

株式会社設立時に不可欠な要因として存在するのが、事業計画書であると認識しております。その意義は、何を目的として株式会社を設立するのかについて、その事業性を明確に表明する手段として、最良の機会と成り得る要素を、多分に含んでいるからです。

株式会社設立時における事業計画書は、このような意義を有しますので、目的を達成するための主要な事業概要は元より、事業概要を進捗させるために、必要と考える事項を詳しく解説する事が求められる、と考えますので、ここでは、事業計画書の概要について触れたいと思います。

計画書にあって、最も重要視されるのは、事業の概要であると考えます。事業の概要とは、何を目的として、株式会社を設立するに至ったのかについて、読み手が概要部分に興味を示し、概要に付随する事項にも関心を示すような、魅力が必要となるのです。

なぜなら、概要部分に目を通した段階で、興味を失った場合には、それ以降にあって、より素晴らしい提案であっても、読み手の目に触れる事とならないのであれば、その意義を理解される事は不可能となるからです。

つまり、株式会社設立に至る経緯や思考を第三者に伝え、面白い事を考えているようだ。読み手に、このように理解される事が重要と成るのです。そのような背景にある、事業概要は、魅力に溢れる内容が求められるでしょう。次に必要となるのは、株式会社を組織する社員構成、及び、事業資金の出資者、経営の現況等に加え、事業の発展性、市場環境等も重要な事項として載せておく必要があると考えますが、取り扱っている製品やサービスについて、消費者ニーズや利益のバランスも詳細に列記する配慮が求められるでしょう。

その他にも、製造業にあっては、材料費や価格表等、経営面の全てを把握可能とする詳細データや、図表等も巧みに活用し、与えられたページを彩り、理解し易く誘導することで、より高度な評価を期待できるもと考えます。

また、事業内容と事業の動向、消費を希望する場所や、消費を好む年齢層等を分析した詳細なデータを添えることで、業界における存在理由が明確に伝わる結果を得られることでしょう。

株式会社設立とは、何を以って社会に貢献するのか、その事を問われる事となりますので、株式会社設立を必要とする、社会のニーズについても詳細に触れることが求められ、その意義を推進、発展させるために、株式会社の設立が不可欠である事を伝える事が大切であると考えます。

必要なもの

株式会社設立に必要なもの

株式会社設立にあたって必要なものは、簡単に言うとお金と印鑑を用意して書類を提出する事の3つです。

もう少し詳しく流れを書くと、お金についていえば、株式会社設立のための資本金と印鑑代と書類を手続きするのに必要な登録料などの用意が必要です。

印鑑については、会社が設立してから必要ですし、株式会社設立に必要な書類に押さなければならないために必要になります。

そして書類は必要なものを集めて、きっちり書いて提出したり登録したりします。時にはその書類をコピーしたり、CD-ROMなどに保存したほうが便利な場合もあります。

まず、会社設立登記申請に必要な書類を集めます。

会社設立登記申請に必要な書類は、登記申請書、登録免許税の収入印紙を貼付したA4用紙、登記簿謄本・登記事項証明書または登記すべき事項を保存したCD-ROMなど、定款、発起人の決定書、取締役・代表取締役・監査役の就任承諾書、取締役全員の印鑑証明書、資本金の払い込みを証明する書面、印鑑届出書になります。

登記申請書には、定款、発起人の決定書、取締役・代表取締役・監査役の就任承諾書、取締役全員の印鑑証明書、資本金の払い込みを証明する書面を添付します。

登記簿謄本・登記事項証明書は法務局に行って取ってきて書面の形式に合わせて用意しなければいけませんが、オンライン請求できる場合もありますし、登記すべき事項を保存したCD-ROMなどでもよいです。

発起人の決定書は定款で本店所在地を番地まで記載していて、さらに公告の方法を官報にしている場合は必要ありません。

代表取締役の就任承諾書も取締役が1名の場合は不要で、監査役の就任承諾書も監査役がいなければ必要ありません。

取締役全員の印鑑証明書は取締役会を置く場合は代表取締役の印鑑証明書だけが必要になります。

会社設立登記申請のために集めた書類は署名する人や捺印する印鑑が必要なので、株式会社を1人で設立しない場合は必要な印鑑が増えます。

また、株式会社設立の登記申請をする前に定款の作成と認証は済ませておくことが必要になります。

資本金の払い込みを証明する書面は定款に記載せれている資本金が発起人から口座に振り込まれていることを証明する書面です。

各発起人がATMや銀行窓口から出資金を銀行口座に振り込み、資本金の払い込みの証明書を作成しますが、振り込むときは口座の残高をゼロにして、振込金額と各発起人が個人名で出資したことを分かり易くすることが大切です。
株式会社設立登記の際には、実印登録した会社印鑑を証明するための印鑑証明書が必要になります。

Copyright© 2014会社設立の準備で必ずしておきたいことを知って失敗しない会社設立を All Rights Reserved.